下僕のお願い



秋も更けて フカフカ羽毛布団で快適な筈なのに
またまた寝苦しい夜が続く

昨夜もそうだった

真夜中

お布団に入れてニャーンと
茶丸可愛らしく 枕元に登場


もちろんどうぞどうぞ と招き入れると

クルクル ドスン

用意した腕枕ではなく
ワタクシの頭横の枕に着地


ああ またか
また枕 略奪となるのか


案の定 ズリズリとワタクシの頭を壁に押しやり
気がつくと茶丸は ちゃっかりセンターに鎮座してるのだ

さすがに狭いので
ちょっと ちょっと もう少しずれてよと
押し返す作戦に出てみた

どうにかスペースを確保

そのまま寝入っていたら


なんか 重い
お腹に食い込む点を感じる




うっすら 目を開けると

仰向けで寝ていたワタクシのお腹の上で
見事にすっくと4つ足で立っているではないか





わかりました 


枕は譲りますので お腹の上で立ち尽くすのは

どうかやめていただきたい



IMG_4913_convert_20151013101228.jpg


そういえば 寝てる時に飼い猫に
お腹にチッコテロされた知人がいたっけ.....




にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村